株式会社ヴィタミンM

  • 045-719-7260
  • お問い合わせ

ビジネス文書・メールの書き方(入門編)

講座概要

ビジネス文書・メールは仕事を進めるうえで、なくてはならないコミュニケーションツールです。正確に短時間で論点が伝わるようスキルを高めましょう。
本研修はビジネス文書・メールの基本的なルールをおさえてから、演習を繰り返し、読み手を満足させる文書作成方法について学んでいきます。

プログラム(10:00~17:00の場合)

1.わかりやすい文書なら誰でも書ける

  1. ビジネス文書と私文書の違い
  2. あなたの文書が会社を代表する
  3. 書く前にとことん考えよう
  4. 読み手の満足度を高める作戦

2.「さすが」と言われる文書の心得とマナー

  1. 適切なタイミング
  2. 敬称の意味と正しい使い方
  3. 封筒のバランスよい書き方
  4. 受け取った人が嬉しくなる返信ハガキを書いてみよう

3.伝わる文章にするテクニック

  1. タイトルだけで伝わるようにする
  2. 一文は短く、主語と述語の関係を正しくする
  3. あいまいで文学的表現はこう書き換える
  4. 話し言葉をそのまま書かない
  5. 項目番号にもルールがある

4.ビジネス文書の基礎知識

  1. ビジネス文書の種類
  2. 社内文書にはどんなものがある?
  3. 社外文書にはどんなものがある?
  4. 社内文書と社外文書の大きな違いとは?

5.上司と先輩社員を安心させる社内文書

  1. これだけはおさえたい、社内文書の形式とポイント
  2. 穴埋め演習に挑戦!
    ①会議の招集通知書
    ②稟議書

6.お客様をファンにしてしまう社外文書

  1. これだけは押さえたい、社外文書の形式とポイント
  2. 挨拶文を完全マスターしよう
  3. 「発表会の案内状」を作成しよう

7.ビジネスメールの書き方と活用術

  1. おさえておきたいメールのメリット・デメリット
  2. 宛先、CC、BCCを使い分ける
  3. メール取扱い上の留意点
  4. わかりやすいタイトルのつけ方
  5. 文例とポイント(社内メール、社外メール、返信メール)
  6. 表現をやわらかくするテクニック
  7. 事例研究「依頼メールの書き方」

受講者の方の声

書くことが苦手なので受講する前は気が重かったけれど、色々な演習があり、楽しく学ぶことができました。感じがよく、相手を動かす文書やメールのコツを掴むことができたのが、今日一番の収穫でした。
文書を作成するときは、今日のテキストを参考書にします。
若い頃に受ければ、メールでこんなに苦労しなかったのにと思います。役員の私でも知らないことがたくさんありましたので、部下指導に活かします。

所要時間を調整し、講演(60~90分間)、半日研修(3~4時間)なども承ります。

内容は貴社のご要望に応じてカスタマイズも可能です。