株式会社ビタミンM

  • 045-719-7260
  • お問い合わせ

働き方改革・生産性向上のための 「時短シンプル仕事術」

講座概要

早帰りを提唱するだけでは、働き方改革は実現しません。今すぐ意識と行動を変えましょう。
とはいえ、どんな仕事がムダなのか? 自社や自分では気づきにくいものです。
そこで本研修では業務を効率化し、時間を創出する具体策をお伝えします。
心構えだけでなく優先順位のつけ方や段取り術などを学ぶので、仕事のやり方を根本から見直す機会となるでしょう。

プログラム(6時間の場合)

1.なぜ働き方改革が必要なのだろう?

  1. 労働生産性について理解を深めよう
  2. 限られた時間で成果を出す働き方・考え方
  3. 生産性の高い仕事をする目的とは
  4. あなたの働き方は野球型? それともサッカー型?
  5. 診断! 仕事の進め方チェックシート
  6. A I に代替されない人の仕事磨き、自分磨き

2.段取り力を身につける

  1. そもそも「段取り」とは何だろう?
  2. 優先順位は重要度と緊急度の2軸で決まる
  3. 注力する仕事と削減する仕事の見分け方
  4. 優先順位の高い仕事から着手する
  5. 割り込み仕事の対処法

3.スケジュールの組み立て方

  1. ゴールから逆算して計画を立てる
  2. You締切りとMy締切り、着手日の3つで管理する
  3. 仕事はかたまりをほぐして工程に分ける
  4. 時間が余る計画の立て方 ~フレキシブルToDoリストのサンプル~
  5. スキマ時間リストを作る
  6. 平準化・・・継続的にパフォーマンスを上げる
  7. 同質化・・・できるだけ同じ業務はまとめてする

4.チームみんなの仕事を早くラクにする方法

  1. やり直し、手戻りを防ぐ指示出し、指示受けのキホン
  2. 相手が求めるものをトコトン確認する
  3. 標準化・・・ナレッジを共有して活かす
  4. 3割進んだところで中間報告
  5. 話しかけるとき、電話をかけるときは相手の都合を聞く
  6. 話は1分間でまとめる
  7. 過剰品質、サービスに要注意

5.ミス激減! スピードパソコン仕事術

  1. あなたのパソコン、メタボチェック!
  2. 未処理メールをハッキリさせるワザ
  3. ファイル名のつけ方
  4. ある企業の社内メールを添削しよう
  5. 社内と社外、メールにメリハリをつける
  6. 社外メールの宛名を5秒で完璧にするワザ

6.仕事で生産性を上げる作戦

  1. 「仕事の優先順位」と「人生の優先順位」
  2. 職場の三大ムダを知ろう
  3. ひとりでできるムダ改善
  4. グループ発表「私たちは生産性を高めます!」

受講者の方の声

効率よく仕事をするための多くのヒントを得ました。まっさきに当社の会議を改善したいです。
講師が、当社の弱みをズバッと言い当ててくれた。社員同士では気づかなかった問題点がハッキリしました。私はバブル入社のせいか残業が当たり前でしたが、今後は時短に努め、部下指導においても生産性を重視します。
時間割り当てを充分に考えた方法で、よい研修会となりました。当組織がさらにレベルアップするため、このような研修会をたびたび開催し、意識の風化を図りつつ改善にあたるべきだと考えます。

講演(60~90分間)、半日研修(3~4時間)、1日研修(6時間前後)など
用途に応じて内容・プログラムをカスタイマイズいたします。